「【天孫小僧真相情報 餅が詰まって亡くなる日本人は年間1300人!】未だ未確認のウイルスを結核や赤痢よりも高い指定感染症第二類に政府が指定したばかりに、経済的にも社会が分断された!中国が食糧輸入を拡大!」の動画ページ

心霊動画を探す

検索

エリアから検索

検索
検索
検索

【天孫小僧真相情報 餅が詰まって亡くなる日本人は年間1300人!】未だ未確認のウイルスを結核や赤痢よりも高い指定感染症第二類に政府が指定したばかりに、経済的にも社会が分断された!中国が食糧輸入を拡大!

天孫小僧真相情報 餅が詰まって亡くなる日本人は年間1300人! 二階堂ドットコムさんのサイトより引用抜粋 岐阜県なんて不必要に緊急事態宣言を出したばっかりに、ウイルスとは完全無縁の高山と下呂温泉は、外国人観光客がいないのは勿論、更に人が来なくなってしまいました。 数年前のインフルエンザの流行の方がよっぽど酷かったです。 社宅の子供と奥さんが4、5日でほとんど感染して身動き取れなくなった会社員多かったですが、コロナウイルスに関しては、10歳以下の子供は感染しにくく、業務に支障が出た話は聞きません。 岐阜県の古田知事は緊急事態宣言を出そうとしてますが、部分的規制であっても二回目を出したら、廃業に近いところまであらゆる産業が追い込まれますね。 トラックやタクシー、バスはもう無理です。 ある程度発生するのは当たり前で、自粛してもウイルスは変異するから全く意味はなく、付き合いながら収束方法を開発するという発想は役人にないのでしょうか? 結核や赤痢よりも高い指定感染症第二類に政府が指定したばかりに...
2020-08-02 07:07:02
天孫小僧

「天孫小僧」の投稿動画一覧

全3件

【天孫小僧真相情報 餅が詰まって亡くなる日本人は年間1300人!】未だ未確認のウイルスを結核や赤痢よりも高い指定感染症第二類に政府が指定したばかりに、経済的にも社会が分断された!中国が食糧輸入を拡大!
2020/08/02
20回
14分
天孫小僧真相情報 餅が詰まって亡くなる日本人は年間1300人! 二階堂ドットコムさんのサイトより引用抜粋 岐阜県なんて不必要に緊急事態宣言を出したばっかりに、ウイルスとは完全無縁の高山と下呂温泉は、外国人観光客がいないのは勿論、更に人が来なくなってしまいました。 数年前のインフルエンザの流行の方がよっぽど酷かったです。 社宅の子供と奥さんが4、5日でほとんど感染して身動き取れなくなった会社員多かったですが、コロナウイルスに関しては、10歳以下の子供は感染しにくく、業務に支障が出た話は聞きません。 岐阜県の古田知事は緊急事態宣言を出そうとしてますが、部分的規制であっても二回目を出したら、廃業に近いところまであらゆる産業が追い込まれますね。 トラックやタクシー、バスはもう無理です。 ある程度発生するのは当たり前で、自粛してもウイルスは変異するから全く意味はなく、付き合いながら収束方法を開発するという発想は役人にないのでしょうか? 結核や赤痢よりも高い指定感染症第二類に政府が指定したばかりに...
【三上国師の霊学 地獄界・第六層 形式と世間体だけを気にして生きる者が堕ち行く地獄!】義理 冠婚葬祭 見栄 外見 無信仰 反省心 向上心 御霊改め 地獄の学校 霊界 バラモン ヨガ 美容 健康
2020/07/12
49回
27分
三上国師の霊学 地獄第六層 形式と世間体だけを気にして生きる者が堕ち行く地獄! 師匠、神様に通ずる極意はありますか? 天孫、お前も覚えがあるだろうが、思春期や青年期に惚れた女に、寝ても覚めても会いたいという経験があるだろう。後から冷静になると何であんなに心が燃え上がったのか、と思うのだが・・・ それ位の気持ちを守護霊や神様に持てるか否かだ。俺は一日の中で何度も守護霊や神様と話をしているんだぞ。 地獄界・第六層 形式主義者の堕ちる地獄 形式主義者が落ちた地獄 「義理こそ我が命」と冠婚葬祭を始め、浮世の義理は欠かした事がない男。その男が今臨終を迎えようとしている。 病魔の激痛が襲う、「助けて」と心の中で叫ぶ。生前には、「神なんかいない、義理を欠く奴こそ許せない」と常に言っていた男である。 見栄・外面・形式に拘(こだわ)る事の愚かさを現界で感じねばならない。  教師「ここは無信仰者の集まりです。酷(ひど)い神経痛の苦しみに襲われ、激痛が常に霊体を被(おお)い、苦しみ怯(おび)え続けます。無神論を誇...
【三上国師の霊学3 死んだら先ずは冥土へ行き、閻魔大王の前に一人で立つ!】冥界 黄泉の国 賽の河原 三途の川 まむし 獄卒 閻魔の庁 八角堂 瑠璃教 守護霊 先祖 提灯 草履 血膿 八街 幽界
2020/07/03
47回
21分
霊学3  死んだら先ずは冥土へ行き、閻魔大王の前に一人で立つ 死後、数日~一年間懇々と眠っている。(霊界の認識度や魂の高い者ほど目覚めが早い)やがて気がつくと瓦礫の上にいる。大勢の者が並んで一方に歩いているので、一緒に自分も歩き出す。 ここからが冥府(めいふ)(冥土(めいど))の始まりで、この時、草履(ぞうり)と杖が遺体にしっかり付けてあると大変役に立つ。 薄暗い瓦礫の道を二昼夜ほど歩くと三途(さんず)の河原(かわら)に出る。 (天皇が渡られるのが一途(いちず)の河原(かわはら)、魂の相当高い者が二途(にず)の河原(かわら)を渡る)川幅は、百メートル弱。 河原から足を踝(くるぶし)まで浸けると着物の色が変わり、大体の行き先が分かる。 川と言っても一面にマムシが流れており、そのマムシが眼・耳・口・鼻等の穴から出たり入ったりする。 向こう岸には賽の河原(さいのかわら)があり、幼くして死んだ子供が石積みをしており、鬼がそれを見守っている。 そこで獄卒から名札(囚人番号)を左胸に付けられ、追われるようにして閻魔(え...