チャンネル「TERROR IBT13」の検索結果一覧

心霊動画を探す

心霊スポット動画を探す

範囲でまとめて検索

or

動画検索対象になるのは範囲内のスポットのうち最大10ヶ所までです。

心霊スポットを直接指定

検索

「TERROR IBT13」の投稿動画一覧

全210件

怖い話*一緒に遊んでいた女の子『もうあの子には会えないんだ』「朽ちた畳には厚く埃がかぶって」「あの白昼夢のような不可解な別れ」
2018/12/06
113回
6分
幼稚園に通っていた頃、近所でよく遊んでいた女の子がいました。僕の親は、その子に会った事が一度もありません。近所の子なのに、そんな事は無いだろうとお思いでしょうが、事実です。その子は僕の家に招待しようとすると、何故か何やかやと理由をつけて断わるのです。また、遊んでいる最中に、急に「もう帰る」と言い出す事もあり、その子が立ち去ると、大抵数分後に親が迎えに来る。そんな感じでした。逆に、僕がその子の家に遊びに行った事はあります。小さな木造の、良くない言い方ですが、あまり恵まれてなさそうな雰囲気の家でした。僕もまた、その子の親に会った事はありません。共働きで帰りが遅いのか、その子の家に行っても、いつも誰もいませんでした。夏の終わりの頃。いつものように遊んでいると、彼女は突然「さみしいけど、もう一緒に遊べなくなる」と言い出しました。引っ越すのだろうかと思って聞いてみても、何故かあいまいな答えをして、はぐらかされてしまいます。何度か問答しているうちに、その子は「もう帰らなきゃ」と言って、止める間も...
怖い話*家族の奇行の真相
2019/01/09
196回
13分
怖い話*家族の奇行の真相 ●『チャンネル登録』をお願いします。⇒http://bit.ly/2D7f75E ☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello #怖い話 #不思議な体験 #動画ノベル **************************************** いらっしゃいませ、TERROR IBT13へようこそ。 怖い話・不思議な体験、オカルト・ミステリーを 多数取り揃えております。 どうぞ、ごゆっくりお過ごし下さいませ。m(_ _)m お気に召しましたらば、『グッド評価』、『コメント』、 それから『チャンネル登録』をお願い致します。 ●チャンネル登録はこちらから https://www.youtube.com/channel/UCZ4l2cwUMxkvYe_pmvCOO2g?sub_confirmation=1 **************************************** ●コチラもぜひご覧ください ★怖い話*おかんが結婚前の頃。新宿からタクシーで帰る途中…「千円負けとくから」 https://youtu.be/QGAS6S7E1po ★怖い話*じいちゃんの予言。「次は自分か?」 https://youtu.be/B4KoFb08Vl0 ★怖い話*地蔵堂「派遣社員が単独自動車事故で死亡した。」 https://youtu.be...
怖い話*引き受けた調査は「ローラー車に女性従業員がひかれて亡くなった事件」
2019/01/08
203回
14分
怖い話*引き受けた調査は「ローラー車に女性従業員がひかれて亡くなった事件」 ●『チャンネル登録』をお願いします。⇒http://bit.ly/2D7f75E ☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello #怖い話 #不思議な体験 #動画ノベル **************************************** いらっしゃいませ、TERROR IBT13へようこそ。 怖い話・不思議な体験、オカルト・ミステリーを 多数取り揃えております。 どうぞ、ごゆっくりお過ごし下さいませ。m(_ _)m お気に召しましたらば、『グッド評価』、『コメント』、 それから『チャンネル登録』をお願い致します。 ●チャンネル登録はこちらから https://www.youtube.com/channel/UCZ4l2cwUMxkvYe_pmvCOO2g?sub_confirmation=1 **************************************** ●コチラもぜひご覧ください ★怖い話*おかんが結婚前の頃。新宿からタクシーで帰る途中…「千円負けとくから」 https://youtu.be/QGAS6S7E1po ★怖い話*じいちゃんの予言。「次は自分か?」 https://youtu.be/B4KoFb08Vl0 ★怖い話*地蔵堂「派遣...
怖い話*地蔵堂「派遣社員が単独自動車事故で死亡した。」
2019/01/07
188回
3分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 茨城県の常磐自動車道のとあるインターチェンジを降りてすぐの工業団地にあった工場での話。その工場は夜勤者の交代が夜中の2時で行われていて、2時で交代して帰る途中の派遣社員が、単独での自動車事故で死亡した。派遣会社の営業が現場に花を供えに行くと、事故現場には既に小さな地蔵堂があって、近所に住むと思われるお婆さんが花と水をお供えしていた。が、地蔵は古い。ずっと昔からあったように見える。派遣社員の営業はお婆さんに挨拶して、ここであった事故について話を振ってみたそうな。するとお婆さんが言うには、この場所は昔から交通死亡事故が多くて、事故死者の供養の為にこの地蔵堂が建てられた。お婆さんは毎日毎朝この地蔵に水と、日によって花や団子や饅頭などをお供えするのを日課にしていた。ただ、先日、熱を出して頭痛も酷く、起き上がれずに1日寝ていた日があって、日課のお供えが出来ない日があった。翌日なんとか起きられたのでお地蔵さんにお供えしにいったら、事故を起こし...
怖い話*じいちゃんの予言。「次は自分か?」
2019/01/07
129回
4分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 怖くなかったらすまん。自分ではものすごく怖いから、誰かに聞いてほしいだけ。じいちゃんの予言の話。じいちゃんは私が小学6年生に上がる直前に死んだ。百ケ日も過ぎた頃、仏降ろし(ほとけおろし)というものをやった。『えんじっこ』と呼ばれるイタコのような人が、亡くなった人の霊を死後の世界から呼び、霊の言葉を代弁するのだ。代弁する時の言葉は『えんじっこ』によって違うようで、その時は古典で使われてるような言葉で話してた。いざ仏降ろしが行われると、最初に降ろされたのは、じいちゃんを連れて行ったという御先祖様。そこからもう一人降ろしてからじいちゃんが降ろされた。その頃には、その場にいた家族、親戚はみんな泣いてた。だが、『えんじっこ』がじいちゃんからの予言を言い出した途端、周りの空気が凍った。予言は以下の二つ。1.家族内で1年以内に2人入院する。2.じいちゃんにゆかりのある人が近いうちに事故死する。そしてこの予言は本当になる。私と父親が仏降ろしから...
怖い話*おかんが結婚前の頃。新宿からタクシーで帰る途中…「千円負けとくから」
2019/01/07
128回
4分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello おかんから聞いた怖い話。うちのおかんは自称霊感があると言い張るタイプの人間だ。そんなおかんが結婚前東京で働いていた時の話。ある日、送別会だか忘年会だか、とりあえず何かの飲み会があり遅くなったそうだ。新宿からタクシーで帰ろうと思い待っていると、深夜2時過ぎということもありタクシーはすぐに捕まった。行き先を告げ、少し眠ろうとしたとき、何だか かび臭い匂いがしてきたんだそうだ。別に古いタクシーでもなさそうで、それでも何か古い倉庫のような臭が立ち込めていた。窓を細めに開けうつらうつらしていると、当時から付き合っていた親父と映画館に行っている夢をみた。ホラー映画を見ていて思わず親父の手を握り締めたところ、そっと握り返してきた。それが妙にリアルだったらしい。ふと目を覚ますと車は走り続けていた。しかし手は何者かに握られたまま。もちろん客はおかん一人。怖くてまともに横は見れない。「どうしよう、、、」運転手は全く気づこうとしない。その間にも手は力を...
怖い話*不倫しているのを知っていて叱られたんだろうか?
2019/01/06
118回
2分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 数年前の話なんだが・・・当時、俺は不倫をしていました。正月に嫁さんの実家に泊まりに行ったときの話。その頃嫁父は既に亡くなっていて、仏壇を背にして5歳になる息子とじゃれ合っていたら突然頭を引っ叩かれた。(はっきりと叩かれた感触が会った)息子とふざけて倒れかけた瞬間だったので息子に「今、パパの頭に足が当たらなかった?」と聞いたんだが「全然当たってないよ」とこのと。冷静に考えても息子が俺の頭に手足が届く位置ではないし、やっぱり親父に叩かれたんだと思った。その夜、寒くて目が覚めたら布団が不自然に剥がされていた。寝返りを打ったり足で払ったりした感じではなく、上の厚い布団だけが綺麗に剥がされた感じでした。その部屋には亡くなった親父の写真が飾ってあって、なんとなく見つめられているような不思議な感じがしました。今ではその女性とは縁を切りましたが、不倫しているのを知っていて叱られたんだろうか? #怖い話 #不思議な体験 #不倫 #動画ノベル ***************...
怖い話*小さな里山にある国道への抜け道。霊的なものでは無いと思いますが…
2019/01/06
91回
2分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 山というか、うちの近所にある小さな里山なんですが中を抜ける車1台分位の細い道があり、国道への抜け道になっている道があります。高い木が生い茂り、昼間でも薄暗くてちょっと不気味なんですが先日残業で遅くなり、日付を回った頃にその道を通ったのですが道の中間辺りで徒歩で歩いている2人組の背中がが見えたんです。車のライトを消すとまっ暗闇になる場所。それなのに懐中電灯も持ってなく、Tシャツ姿で同じ方向に歩いていました。ちょっと不気味に感じながら2人の横を徐行して追い越す瞬間2人ともこちらを振り向き、ニヤ~って笑ったんです。その顔がなんとも不気味で、正気を失った笑顔と言うんでしょうか。直感的にこれはやばい!と思い、フルスロットルで逃げたんですがミラーを恐る恐る見るとその2人組が全力で走って追ってくるのが見えたんです。もう何がなんだか分からず、とにかく全速で逃げました。霊的なものでは無いと思いますが、おしっこ漏れそうでしたw #怖い話 #不思議な体験 ...
怖い話*実家暮らしで風呂入ってたら…。「ただいまー」
2019/01/06
138回
2分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 実家暮らしなんだけど、家で一人の時に風呂入ってたら家のドアが開く音がして「ただいまー」って声が聞こえてきた。声がすごい幼かったんで妹が帰ってきたと思って「おかえりー」と返しておいた。まあ、風呂の中からだし、ちゃんと聞こえてるかは分からなかったけど。でも、その「ただいまー」が聞こえた後、妹と一緒に出かけてるはずの母の帰ってくる気配がしない。妹だけ先に帰らせてスーパーで買い物でもしてるのかと思った。よくあることだし。んで、風呂からあがって家の中を見回してみたら、家の中真っ暗。風呂場にしか電気ついてない。「妹~?」と呼びかけても反応なし。そりゃそうだ。誰も帰ってきてなかったんだもん。もしかしたら、俺の家はアパートだから隣の部屋の声が壁伝いに聞こえたのかもしれない。なんてことを帰ってきた家族に話してみたら、「でもとなりのウチ、先週引っ越しちゃって今誰もいないよ?」あの声は誰の声だったんだろ…。 #怖い話 #不思議な体験 #アパート #動画ノベル ...
不思議な体験*置き薬の配置員。怖い、怖い、怖い。完全な直線のトンネル。「やはり、この世のものではなかったんだ」
2019/01/04
209回
9分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 私は、置き薬の配置員をしている、西日本在住の四十代半ばの男です。これは、つい先週の7月20日に体験した出来事です。その日私は、昨夜の寝不足と、午前中に炎天下の田舎道を長く歩いたのとで、昼食の後、エアコンの風に当たりながら車を運転していると、こらえきれようのない眠気に襲われ始めました。そのまま運転を続けると、間違いなく居眠り事故を起こしてしまいそうだったので、少しの時間睡眠を取ろうと、車を停めることのできるような木陰を探しながら走っておりました。やがて車は長いトンネルに入りました。そして中ほどまで来たとき、所々に設けられている待避所の一つに車を停め、そこでいっとき眠ることにしました。このトンネルは、細くてカーブの多い国道に替わって最近建設されたバイパスの途中にあり、反対側がまだ工事中で細い山道のままのためか、通行する車は少なく、トンネル内はたいへんに静かでした。運転席側の窓も、助手席側の窓も両方開けてバックシートを倒すと、じとっと湿...
怖い話*定年直前のIさん。半年ほど寝たきりの状態。
2019/01/02
186回
8分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 私が勤めている会社には、50代でとても仕事熱心な方がおられました。仮にIさんというふうに呼ばせてもらいますが、Iさんは年をとられてから課長になられたので、すごく張りきって仕事をしていました。平日は遅くまで仕事をして、休日も出勤して仕事をするという具合です。会社は地方に工場があるため、課長になるとその工場に移動することはよくあります。Iさんも仕事ぶりを評価されて、地方勤務の単身赴任になりました。赴任先でも仕事に対する情熱には変わりなく、以前にも増して仕事をこなすようになっていました。しかし激務の影響かわかりませんが、Iさんは体調を崩してしまい1ヶ月ほど入院することになりました。ところが入院しているのにもかかわらず、休日には会社に出勤して仕事をしていたそうです。黙って出勤していたそうですが、たまたま会社にいた人が見かけたので問題になり、注意したもののそれでもやめないで休日に出勤していたそうです。さすがに会社も黙認してはいられなくなり、退院す...
怖い話*築100年以上。石造りの古い家で休暇
2019/01/01
261回
10分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 私は国際結婚し、欧州在住の主婦です。こちらの夏は日本と比べると凌ぎやすいのですが、それでも内陸部に住む私たち一家は40度前後の熱波に耐えかねるので、毎年8月の夏休み中には避暑へ赴くことにしています。今年は節約の意味も兼ねて、リゾート地のファミリーセンターはやめ、北部・海沿い地方の田舎の一軒家を借りることになりました。家主は小柄なおばあさんで、出向いた私たち一家を温かく迎えてくれました。その家と言うのもすばらしい所でした。こぢんまりとした石造りの家で、話を聞くとなんと築100年以上。さすが欧州、と思いながら歴史味あふれるこの家に、家族ともどもすっかり魅了されてしまったのですこの家を親戚から相続したというそのおばあさんは「田舎ではありますけれどここは村の真ん中ですし、何しろ古い家ですからねえ。多少は音が気になるかもしれませんけど、勘弁して下さいね。」そう言って鍵を残し、出て行かれました。その夜。この地に来るまでに長旅だったこともあり、子ど...
怖い話*終わらない工事現場。建物に魂や意思が宿る。
2018/12/31
185回
7分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 私の主人は建築系エンジニアなのですが、業界全体が不景気のせいもあり、失業して半年近くになります。今までしてきた質素な生活と蓄えとで、当座の生活に心配はありませんが…気落ちからなかなか立ち直れない主人の姿を見るのは辛いです。住んでいるのが田舎の地方都市と言うこともあり、再就職活動は難航を極めています。それでも週に1件2件と、ぼつぼつ面接に呼ばれていますので悲観視は決してしていません。主人はこれを機に、悪くしていた膝痛の治療にも通えていますし、私はじっと静かに彼を支えて動向を見守っています。先週も主人は隣町の企業へ面接にでかけて行きました。お昼前には帰って来たので、温かい昼食を一緒に食べながら話を聞きました。すると、食後のお茶を飲みふっと溜息をつきながら、主人がこう言うのです。「前の企業で担当していた、○○ビルの改修工事現場の前を通りかかったんだよ。今、×月だよね?もう3ヶ月も完了が遅れているってことだ。変だなぁ…。」退職した企業の仕事で...
怖い話*家の階段『この世の者ではない存在に魅入られて』
2018/12/30
198回
8分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 小学校低学年の頃の話です。その頃の私はいわゆる鍵っ子で、家に帰っても誰もいない寂しさから、いつも夕方遅くなるまで学校に居残って遊んでいました。たいていは友達といっしょに運動場でボール遊びをしたりしていました。それでも4時半くらいを過ぎると友達はみんな帰ってしまいます。運動場に誰もいなくなると、私は遊具を一通り遊んでから帰ることにしていました。鉄棒、ブランコ、うんてい、のぼり棒。そして最後がすべり台でした。そのすべり台はちょっと変わった形をしていました。ハシゴを上りきったところからV字に分かれて、すべり台が2本ついていたのです。まるで鼻が2本あるゾウのようにです。2人の子供が同時にすべるように作られたはずですが、実際にすべることができたのは、左のすべり台だけでした。右のすべり台はベニヤ板でふさがれ『たちいりきんし』の紙が貼られていました。先生の話によると「すべり台にトゲがあって、ケガをした子がいるから」とのことです。けれど『しては...
怖い話*化け狸「次前方から汽車が迫って来る事があったら、顔を伏せずに突っ込んでみる」
2018/12/29
230回
10分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello これは私の祖父から聞いた、まだ戦時中だった頃の話です。祖父は既に他界していますが、この話は私の一族なら皆が知っている様な、一つのすべらない小噺と言った所です。私の祖父は若い頃国鉄の機関士をしていました。分かりやすく言うとSL汽車の運転士です。幸いにもこの職業に付いていたおかげで、徴兵される事はなかったみたいです。場所は長野県の田舎ですが、毎日汽車を運転していたようですね。当時は物資もありませんし、汽車の利用と言っても一般の人は限られていますから比例するように線路も少なく、それはそれは今と違い簡素な物だったそうです。ある線路に至っては単線とでも言いましょうか、いわゆる一本しか無いレールを時間の調整のみで、上りと下りの汽車がぶつからない様に配慮していたようです。ある日の事、祖父が運転する汽車がこの単線を上っていると、遠方から同じ線路をこちらに向かって来る汽車が見えます。それはもう一大事です。主に祖父が運転していたのは貨物車なので多くの...
怖い話*『たちいりきんし』のすべり台。赤い化け物が襲ってくる!
2018/12/28
245回
9分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 小学校低学年の頃の話です。その頃の私はいわゆる鍵っ子で、家に帰っても誰もいない寂しさから、いつも夕方遅くなるまで学校に居残って遊んでいました。たいていは友達といっしょに運動場でボール遊びをしたりしていました。それでも4時半くらいを過ぎると友達はみんな帰ってしまいます。運動場に誰もいなくなると、私は遊具を一通り遊んでから帰ることにしていました。鉄棒、ブランコ、うんてい、のぼり棒。そして最後がすべり台でした。そのすべり台はちょっと変わった形をしていました。ハシゴを上りきったところからV字に分かれて、すべり台が2本ついていたのです。まるで鼻が2本あるゾウのようにです。2人の子供が同時にすべるように作られたはずですが、実際にすべることができたのは、左のすべり台だけでした。右のすべり台はベニヤ板でふさがれ『たちいりきんし』の紙が貼られていました。先生の話によると「すべり台にトゲがあって、ケガをした子がいるから」とのことです。けれど『しては...
不思議な体験*毎年、車に轢かれる友達。「15年以上も毎年事故が起きているのも偶然なんだ」
2018/12/27
343回
6分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 毎年、車に轢かれる友達のことを思い出した。当事者じゃないから少し具体性を欠く書き方になると思う。後、もし特定できても名前とかは言わないで欲しい。俺が子供の頃、どっかから小学校に引っ越してきた奴が居た。仮称として当事者の彼をA君と呼ぶことにする。彼は夏(7月~9月)になると毎回車に轢かれたりしていた。最初の時は、運が悪かったんだと言われていた。小学2年の時、彼は事故に遭った。見通しの悪い坂道で、運転手の不注意で巻き込まれて轢かれてしまったんだと聞いている。片腕の骨が折れたようだったが、1ヶ月ちょいくらい病院から戻ってきた。入院中、お見舞いにいったら片腕で元気に○ケモンをやってたから、その後攻略本を差し入れてやった。次の年の夏、車が歩道に突っ込んできて傍にいたB君ごと轢かれた。A君は腕を、B君は腕とあばらを折った。B君の方が酷い怪我をしていたが、なんとか後遺症もなく治った。学校からの帰り道での事故だった。その翌年は、A君とC君が車に轢かれ...
怖い話*東北方面の風習『ムサカリ』奇妙な依頼が来たんだが問題は新婦なんだ。そして…冥界からのお迎えが来る。
2018/12/26
243回
9分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 俺は、今は大きなデザイン事務所に勤めてるんだけど、専門学校を出てしばらく、学校から勧められた冠婚葬祭会社で写真加工のバイトをしていた。葬式の場合は遺影用としてスナップから顔をスキャンしてスーツ姿にしたり、結婚写真の場合は全体的な修正などの仕事が多かった。あとは写真に関係ない細々した雑用。ある20代の若い男性の葬儀で、アルバムから遺影用の写真を選ぶのに自分も加わったけど、そのあとで60代と思われるご両親から呼び止められて奇妙な依頼をされた。それは故人となった息子の結婚写真をつくってほしいという話で、未婚のまま病気で亡くなった息子が不憫でならない、なんとか空事でも結婚式を挙げた写真を残したいが、そういうことはできるものかと尋ねられたんだ。まあ、できるかどうかは素材の画像が揃ってるかどうかで決まるんだけど、会社で正規に請け負う仕事とは違うんで、その場での即答は避け正社員の先輩に相談した。先輩は「それはムサカリだろう」と言って続けた。「東北...
怖い話*箱ヘルです。心霊現象?なにこれ?接客中に突然ドアから「コンコンコンコンコンコンコンコンコン…」「コンっコンっコンっコン!ノック音が変わった、四回ずつ鳴らしてた。」
2018/12/23
250回
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 5年くらい前に某エリアで勤めてたんですね。箱ヘルです。あるときお客さんとの接客中に突然ドアから、コンコンコンコンコンコンコンコンコン…めっちゃ長いノック音。箱ヘルで誰かが直接部屋に来るなんてありえない。異様な鳴らし方に私もお客さんも固まってしまい、鳴り終わってからやっと声でた。ちょっとみてきますね、とタオルを巻いてドアを開けるも誰もおらず。なんでしょうね~(汗)とプレイ再開!その数分後またコンコンコンコンコンコンコンコンコン…もう見に行きませんでした。そしてそんなことがあった次の日私が部屋で待機してる時でした。突然、ガタガタガタガタガタグラグラグラグラ(おぉ~揺れとる揺れとる汗)外で地鳴りの音もする、ビルも軋む、じっとして過ぎるのを待ってました。そしてその数分後。またガタガタガタガタガタグラグラグラグラと地震がきた、同じような揺れ方だった。めっちゃ体感のある地震で怖かった。その日終わって他の女の子達と送りを待ってたとき、私「今日地震きましたねー」女の子「え?」私「え?二回もきたじ...
怖い話*彼氏と行ったラブホ。フロントからの電話「3人でご利用ですか?」
2018/12/22
788回
3分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 昔付き合ってた彼氏と行ったとこ。遠出のドライブだったので、どこのあたりに存在してるのかももう忘れた。部屋に行ったらタオル類が一切なかった。フロントに電話して持ってきてもらえば良かったんだけど、部屋に入る前、廊下に置かれたキャビネットにリネン類が収納されてるのを見てたので、近いから断りも入れずに自分で取りに行った。するとすぐにフロントから「廊下の防犯カメラに映ったんですけど、どうしました?」と電話。「タオルがなかったので取りに行きました」と答えると、「そのキャビネットに置いてるのは掃除用のタオルです。すぐに持って行きます」と言われた。数分後、フロントの人が来て、きれいなタオルを持ってきてくれたんだけど、またすぐ電話がかかってきて「3人でご利用ですか」と。「2人です」と言ってるのに、「お子さんもご一緒ですよね?小さいベッド用意しますよ」と向こうも譲らない。「2人ですけど…」ともう一回言うと、「さっき部屋に行ったとき、確かに小学生ぐらい...
怖い話*音『ズルズル』ドライブ楽しむカップル
2018/12/22
127回
3分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello あるカップルが車でドライブをしていました。車を走らせていると大きな木の下でエンストになってしまいました。周りは何も無いのでやばいと思い男性のほうが『直してくる』といい女性を残して車を降りました。女性はすぐ戻ってくるとおもいずっと待っていましたが、いつまで経っても男性は戻ってきません。陽は暮れ始め辺りは夕闇に包まれてきました。するとその頃から、車の上で『ズルズル』っと変な音がします。最初は木葉が当たっているものだと思っていましたが、いつまでも怪奇音が鳴り止む事はありませんでした。女性は怖くなり眼を閉じました。そしてそのまま眠りについたそうです。翌日彼女は警官の声で起きました。車から出て女性は眼を疑います。車の上には木の枝で首をくくった男性の死体がありました。そうです。昨晩女性が聞いた『ズルズル』という音は男性の足が車に擦れて鳴っていたものだったのです。 #怖い話 #エンスト #怪奇音 #死体 #動画ノベル **********************************...
恐怖体験談*野球観戦からの帰り道。真っ赤なスポーツカーが追い抜いていった。DQNなカップル+白ワンピース女
2018/12/21
265回
6分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 甲子園に行ってさっき帰ってきました。阪神×横浜でした。雨降ってましたが試合前にやみ、ゲームにも勝利しました。気分良く、折角買ったiphoneも活用しようと思って動画撮って家帰ってみくしにでもあげるかとか思ってました。でも先ほどの帰り道、車で走っているときの話。阪神が勝ったこともあって、試合の話をしつつ父親はのんびり高速を流してました。後ろからやたらと煽る車がいて無理やり登板斜線から追い抜いていったのですが、それは真っ赤なBMW(とにかくスポーツカー)でした。僕は助手席のすぐ後ろに座っていたので追い抜いていった車が良く見えたのですが、見るからにDQNそうなカップルが乗ってました。それは別にいいです。問題はもう一人の女でした。その女は後ろに座っていましたが、様子が明らかにカップルとは異なっていました。なんというか、あんまりお近づきになりたくないなっていう人たちがいますよね。そのカップルは思いっきりそれに該当するであろう服装でした(多分)。でも後ろ...
洒落怖*最後に神社で『獅子殺し』半透明の兵隊さんが立っていました。「ここ!ここにいるでしょ!」
2018/12/21
151回
3分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello たいして怖くない話です。俺の田舎、秋の収穫祭で獅子舞が家々を廻り最後に神社で"獅子殺し"をする地域です。余談ですが、獅子の中には5人の舞い手+天狗役1名で1セット(家々を廻るセット)、獅子殺しはそれが3セット出て見応えがあります。当時、小学3年だった私は遊びに来ていた従兄(当時小4)と夜中12時ころに行われる獅子殺しを見るため神社に行きました。その神社は同じ敷地に神主さんの住まいがある神社で、その住居には1mくらいの提灯が飾ってありました。神社の境内から従兄と獅子殺しを見ていて、何気にその提灯に目をやると提灯に照らされる様に半透明の兵隊さんが立っていました。昭和60年ごろの話です。俺は従兄に兵隊さんがいることを教えてあげたが、従兄は何もいないよって言うんです。不思議に思った俺はたまたまいた知りあいに同じことを言って教えたんですが、その子も何も見えないって。ムキになった俺は兵隊さんの所にいき抱きつくように抱え、ここ!ここにいるでしょ!って示し...
ホラー*じいさんは軍人あがり。殴る蹴る罵る。酒乱。競馬パチンコ狂。「突然、強烈な頭痛に見舞われた」
2018/12/21
153回
3分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello うちの死んだじいさんは軍人あがりで、腕力でブイブイ物いわすタイプで、妻や娘たちにも何か気に入らないと殴る蹴る罵る。酒乱。競馬パチンコ狂。婆さんはぶたれて鼻が曲がっても、はいはいと黙って従う従順な妻だった。それでも年をとったら大人しくなり、娘(あたいのママ含)たちも嫁ぎ、平穏な日々を送っていた。が、ある日夕方頃突然、強烈な頭痛に見舞われた。(脳内出血だったの)「痛い…痛い…」と苦しむ爺さんを見て、(普通は救急車を呼ぶレベル)婆さん一言「あらまあ、じゃあ今日は早めに寝てくださいね」深夜、爺さんは「きゅ、救急車を呼んでくれ」一緒に住んで回りの世話をしていた末娘が言った。「おじいさん、救急車は今の時間は営業してないわよ」未明頃、爺さんは意識不明に陥った。そこで婆さんがいうことには「救急車は朝の11時からですよ。裏のパン屋も11時だから病院もきっとそのくらい」で、昼頃救急車を呼んだ結果、おじいさんは手遅れで。(以下略)この話、末娘と婆さんが、よ...
怖い話*墓場の火「今年はやけに連れて行かれた」
2018/12/20
285回
6分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 僕の地元はかなりの田舎だった。田舎なので都内では想像もつかないような広さの墓地があり、生きてる人間より多いくらい沢山のお墓があった。墓地は高台の上にあり、高台の周りは田んぼばかりなので見晴らしもよかった。この見晴らしの良さが災いしてか、僕の小学校では『墓場で火の玉を見た』という噂が耐える事はなかった。この高台の上の墓地は近くを通る国道からもよく見えるし、小学校の登下校に使う道からもよく見えるのだ。帰りが遅くなった小学生が帰りに火の玉を見たらしいだとか、車でそばを通った時に墓場で火が浮かんでいるのが見えた、というような目撃情報はそれこそ何度も聞いたし、遅くまで遊んでいる下級生がいれば「早く帰らないと墓場で火の玉を見るぞ~」と脅すのは伝統化していたものだった。そんな、ちょっと怖いけど割と身近な墓場の火の玉の話題は大体は笑い話のようなもので、怖がられるようなものではなかった。だが、僕が中学生の時に周りを巻き込む大騒ぎになったことがある...
怖い話*虫の知らせ「私と母親はそういった遺伝」
2018/12/20
643回
6分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello とある日のこと、私は妙な物音で目を覚ましました。時間は朝の5時ころです。最初は家族の話し声かな?と思いました。私は玄関からほど近い部屋で寝ていたのですが、しばらく聞き耳をたてていると、どうやらその音は外から聞こえているようでした。さらに人の話声かと思いきや、少しノイズも入っている感じなので、例えるならまるでラジオのような音でした。それがしばらくするとお経のような音に変わっていったのです。私は「こんな朝早くから騒がしいなんて迷惑だな」と思いながらも、起きるにはまだ早かったので再び眠りにつきました。朝起きてこの音の事を家族に尋ねてみると、私以外誰もその音を聞いていませんでした。早朝のことですから誰も聞いていないのは当然ではありましたが、私はハッキリと聞いていたのでとても夢や寝ぼけていた類だとは思えません。会社でもこの話をしたところ、「それってきっと何かあるよ…」と同僚に言われました。そしてその予想は的中してしまいます。お昼近くなった頃...
怖い話*いもうと『i』みたいな奴「『妹』は普通『人間』だと知った」
2018/12/20
260回
5分
☆彡ついたーはじめったー https://twitter.com/TerrorHello 俺の家にいもうとが居て、いもうとと言っても人間じゃなくて、何か赤ん坊くらいの大きさがある、照る照る坊主みたいな奴だった。下の方のスカートみたいな部分を丸く結んだ感じ。まあつまり、『i』みたいな形の奴。それを母親は「いもうと」と呼んでた。俺がずっと小さい頃からそうだったから、幼稚園の頃まで俺は『あれ』が妹なのだと思ってた。幼稚園にいる他の子で「妹がいる」と話す奴が居ると、あいつの家も『あれ』があるんだと思っていた。俺の家の『いもうと』は、食卓に座ったり、ソファに腰掛けたり、家族として扱われているようだった。食事時になると、母がそれを椅子の上に置いたりしてた。そして、「いもうとが置いてある」みたいに俺が言うと、母はいつも怒った。『座る』じゃないと駄目らしかった。ある日。幼稚園で何かの拍子に、『妹』は普通『人間』だと知って、母に尋ねた。「あれはいもうとじゃないよね?」みたいな風に。そしたら母は猛烈に怒った。「ふざけるな、何を言ってる。あ...
怖い話*着物の女「お姉ちゃん。ドア閉めて!!」「世界って理不尽・゜・(ノД`)・゜・←」
2018/12/19
144回
3分
4年生の夏休み前でしたね。その日疲れてて、寝ろって言われて寝室に行った弟達と寝ることにしたんですよ。まだ対して暑くない日で、ドアと窓を全開にして寝てました。私のベットは二段ベットで、弟は二段目、私は一段目で寝てました。夢の世界に旅立つかぐらいで、弟に声を掛けられました。「お姉ちゃん。ドア閉めて」スルーして寝ようとしたら、また弟が「お姉ちゃん。ドア閉めて」って言うんです。何回か言われて、それでもスルーしてたら、弟が金切り声あげて、「お姉ちゃんドア閉めて!!」って言うんです。うるさい!って言って起き上がったら、ドア挟んだ向こうにある私の部屋のドアの前に、着物?袴?を来た女の人がこっちをガン見してて、目があった瞬間にニヤッ、と笑いました。背筋がゾクッ!!ってなって、慌ててベットから出てドアを閉めてベッドに潜り込みました。弟は泣きじゃくってて、しばらくして両親が寝室に入ってきました。私が泣かせたと思われて、父に怒鳴られました。世界って理不尽・゜・(ノД`)・゜・←翌日、弟に話を聞くと、弟も同じ人を見た...
不思議な話*原因不明の低温火傷「家の中に幽霊がいるかどうか?」「脳内で暑いをずっと連呼していた。」
2018/12/19
267回
7分
これまた中学二年生の話だった気がします。私はバレー部所属だったのですが、そのバレー部で、家の中に幽霊がいるかどうか?の遊びが流行ってたんです。ほら、あの…玄関から家の中に入って全部の窓を開けてまた閉める、という内容の結構ポピュラーな遊び。私の家には、階段に男の子、私の部屋に弟の話で出た女、父の部屋に女…ぐらいだったかな?多分その3人。人で計算していいのかは分からないけど。今思えばなんでそんなにいるんだよ、って思うけどあそこ跡地らしいもんなぁ。まぁ当然その遊びでも出たんだけどさ。嘘つくのもあれかと思って誰かいた?って聞かれて正直に答えたら、それヤバくない!?って心配されて。まぁヤバかったのはその日の夜だった。時間は分からないけど、仮に丑三つ時の2時にしておこう。その時は2段ベッドの2段目。ふと目が覚めた。私実は動物的本能みたいなのがあって、どんなに小さい地震でも夜中に起きる地震の数秒前には目が覚めるっていう特技ではないけどそういうのがありました。それで揺れるのかなぁ、と思っていたら足が冷...
ホラー*異世界からの電話「いやいやいや、ちゃんと来てますから!」「風邪をひいて熱が出たから休む」
2018/12/19
186回
6分
中学校の頃の話。朝チャイムが鳴り担任の先生が教室に入ってきて、自分を見たとたん、驚いた顔をしながら怒り出した。「〇〇(私の苗字)、お前なんで来てるんだ!休みじゃなかったのか?」どうやら、チャイムが鳴る五分くらい前に、うちの母から『私が風邪をひいて熱が出たから休む』という電話を、用務員のおじさんが受けたらしい。怒られたのと意味がわからないのとで一瞬パニックになって思わず「いやいやいや、ちゃんと来てますから!」みたいなことを笑いながら口走ってしまった。先生の悪ふざけかと思ったけど、当の先生はいぶかしげな変な顔をしてる。でも、家から出るとき母がいってらっしゃいと玄関で見送ってくれたので、私が家を出た後に母がそんな電話をするわけがない。誰かと間違えたにしても、うちのクラスには〇〇という苗字は自分しかいない。さらに念のため、休み時間に自分で確認してみたけれど、同じ学年(100人くらい)で、違うクラスの〇〇の苗字を持つ子は(男子女子合わせても)数人しかいない上に、ちゃんと全員出席している。なぜそんな電話が...
怖い話*送り番「遺体の口の中に鬼灯(ほおずき)を入れる」
2018/12/18
284回
10分
子どもの頃、ひい爺さんから聞いた話を書きます。ひい爺さん(以下爺さん)は明治の早い時期の生まれで、しかも山村で育ったためいろいろと奇妙な風習を知っていて、自分が子どもの頃によく話してくれました。爺さんの村では送り番という役回りがあり、これは三軒ひと組で回り番で当たる遺体の埋め役のことだそうです。当時爺さんの村はまだ土葬で、寺で葬式を行った後に、遺体の入った棺桶を荷車にのせて村はずれにある墓域まで運ぶのです。村の顔役や男手のない家では代わりを頼むこともできましたが、葬式では酒も振るまわれ些少の礼金も出たそうです。ただ遺体は棺桶(これは四角い棺ではなく丸い大きな桶)ごと埋めると場所と手間、費用もかかるので、4~5尺ほどの穴を掘って、死装束の遺体をそのまま埋めるのだということでした。そうするうちに村で人死にがあり、これは当時では珍しく自殺だったそうです。五十ばかりの百姓が、土地争いの裁判で負けて先祖代々の耕作地をすべて失ったのを苦にしてのことでした。そして爺さんと組んでいた埋め役の一人が訴...

アクセスランキング