チャンネル「WowKorea Echo」の検索結果一覧

心霊動画を探す

検索

エリアから検索

検索
検索
検索

「WowKorea Echo」の投稿動画一覧

全5件

子役俳優キム・ユビン、「N番部屋事件」発言は「深く反省している」、悪質アカウントフォローは「ハッキングされた」 (3/25)
2020/03/25
477回
5分
子役俳優キム・ユビン、「N番部屋事件」発言は「深く反省している」、悪質アカウントフォローは「ハッキングされた」 記事のURLはこちら→ https://www.wowkorea.jp/news/enter/2020/0325/10254514.html 韓国子役ミュージカル俳優キム・ユビンが、「N番部屋事件」関連の発言を謝罪したなかで、ディープフェイク(悪質なコラージュ)のアカウントをフォローしており、議論を呼んでいる。 キム・ユビンは24日、自身のフェイスブックストーリーを通じて「N番部屋事件」と関連した文を掲載した。 この文には、「男性が何よXX(悪態)。私が「N番部屋」を見たっていうの? XXX」とし、「韓国のXが27万人だっていうから、お前らも本当はXなんじゃない? #私が加害者ならお前らはXだ」と書かれていた。 「『N番部屋』を見ていない男たち一同」という、オンラインコミュニティで作られた文を載せたものである。それとともにキム・ユビンは「『私の近くにもXXがいると思うと怖い』っていうのと何が違うの? 」と述べた。 キム・ユビンのこの文は、すぐに...
【全文】「赤頬思春期(BOL4)」アン・ジヨン、脱退するウ・ジユンにエール…直筆の手紙を公開 (4/2)
2020/04/02
99回
6分
【全文】「赤頬思春期(BOL4)」アン・ジヨン、脱退するウ・ジユンにエール…直筆の手紙を公開 記事のURLはこちら→ https://www.wowkorea.jp/news/enter/2020/0402/10255191.html 韓国女性デュオ「赤頬思春期(BOL4)」のウ・ジユンがグループを脱退することを知らせ、ファンたちを驚かせた中、もう1人のメンバーであるアン・ジヨンがこれと関連した心境を告白した。 アン・ジヨンは2日、「赤頬思春期」の公式ファンカフェに「こんにちは、ジヨンです」と始まる直筆の手紙をアップした。 一方、「赤頬思春期」の所属事務所Shofar music側は2日、公式の報道資料を通じて「メンバーのウ・ジユンがとても悩んだ末に『赤頬思春期』としての活動を締めくくることに決定しました」とし、「『赤頬思春期』は新しいメンバーを加入させることなく、アン・ジヨンによる1人態勢で活動をする予定だ」と明らかにした。 続けて「ウ・ジユンが今後の進路に対する悩みで『赤頬思春期』としての活動を締めくくろうとする意思を表し、当社はメンバーたちと慎重に悩む時...
【全文】ジェジュン、新型肺炎感染をめぐる自身の議論に謝罪コメント…「警戒心と危険性を伝えたかった」 (4/1)
2020/04/01
452回
6分
【全文】ジェジュン、新型肺炎感染をめぐる自身の議論に謝罪コメント…「警戒心と危険性を伝えたかった」 記事のURLはこちら→ https://www.wowkorea.jp/news/enter/2020/0401/10255097.html 新型コロナウイルス感染症に感染したと公表したがこれを覆し、議論を巻き起こした韓国歌手で俳優のジェジュンが論議に謝罪しながらも「警戒心を持ってくれたらという気持ちで行ったこと」だと説明した。 ジェジュンは1日、自身のインスタグラムに「してはいけない行動だとも自分自身認識している」とし、「まず私がSNSに書いた文によりコロナウイルス感染症により被害を受けた方々、行政に支障を受けた方々に心から申し訳ないと謝罪する」という長文を掲載した。 ジェジュンは同日SNSに自身が新型コロナウイルス感染症に感染したと明かし波紋を呼んだ。その後「事態に対する警戒心を知らせたくてエイプリルフールを迎え、このような文をアップした」とこれを覆し論議を呼んだ。論議後、該当の文は削除した。 以下、ジェジュンの謝罪文の全文 してはいけな...
スロン(2AM)、JELLYFISHエンタと専属契約締結...VIXX、キム・ソニョンと同僚へ (2/4)
2020/02/04
91回
5分
スロン(2AM)、JELLYFISHエンタと専属契約締結...VIXX、キム・ソニョンと同僚へ 記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/enter/2020/0204/10250722.html 韓国歌手兼俳優のイム・スロンが、JELLYFISHエンターテイメントと専属契約を締結した。 4日JELLYFISHエンターテイメント(以下JELLYFISH)は、「イム・スロンと専属契約を締結した」とし「音楽、演技、バラエティなど多方面で活躍している万能エンターテイナーのイム・スロンと共に活動できることが嬉しい。今後さらに活発な活動を繰り広げることができように、全面的な支援を惜しまない予定だ。多くの愛をお願いする」と伝えた。 2008年バラードアイドルグループ「2AM」としてデビューしたイム・スロンは、デビューと同時に大衆から多くの愛を受けた。以後、「Never let you go」、「You Wouldn’t Answer My Calls」、「I Was Wrong」など2AM特有の深い感性がにじみ出る曲を発表して韓国代表バラードアイドルグループに位置づけた。 また、イム・スロンは「NORMAL」、「Melatonin」...
「防弾少年団」V、過激ファンの行動を注意「同じ飛行機への意図的な搭乗、居心地が悪いし怖い」 (12/15)
2019/12/15
243回
3分
「防弾少年団」V、過激ファンの行動を注意「同じ飛行機への意図的な搭乗、居心地が悪いし怖い」 記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/1215/10247470.html 「防弾少年団」Vが私生(過激な追っかけ)ファンの度を超えた行動に針を刺した。  Vは15日、NAVER V LIVE「BTS」チャンネルを通じて、「僕も久しぶり」というタイトルの放送を行った。  この日Vは、「さっきシャワーを浴びて、すぐに(V LIVE)をつけた。最近、年末だからなのか眠れない。だからARMY(『防弾少年団』のファンの総称)の皆さんと話もしたくて、つけることにした」とあいさつした。  VはARMYに何気ない近況を共有しながら、ファンバカぶりを誇った。リアルタイムでファンの質問に丁寧に答え、肌、運動、食べ物などさまざまなテーマで話を続けた。  Vはファンとクリスマスキャロルも共有。著作権に引っかからない曲として、自分が作ったクリスマスソングを選曲したVは「まだ持っている。修正はしていない。完成した曲でもなく、昨年か一昨年にクリ...